topbaner04.png

山形木のおうち仕様の家とは・・・

まず、はじめにお伝えしておきたい事があります。
本当に申しわけございませんが今お申し込み頂いてもお待ち頂く事になります。

今現在の待ち状況:平成26年5月以降~

の着工となってしまいます。

古民家ライフ株式会社でご提供できる住宅は頑張っても年間1.5~2棟が限界です。

P1050414.jpgその理由は

① まず家に使う木材を一緒に山へ見に行きます。(最長で一泊二日します)

② 家に使う木材は建てる住宅から出来る限り150km圏内のものを使います。

そして体に優しい素材を使います。合板等は一切使いません。
解体されてからも自然に帰る素材を選んで使います。

例 西山杉(山形県西川町)くりこま杉(宮城県栗原市)高畠石(高畠町)深山和紙(白鷹町)

③ 設計にはじっくり時間をかけます。
  建築家と組んでやることも可能です。
  その場合はお客様にご要望に沿った木造に詳しい建築家をご紹介いたします。

kominka_graf.jpg

④ 古民家の知恵が詰まった昔ながらの木組みの家です。
  大工をはじめとする、色々な職人が腕をふるって造っています。

山形木のおうちと一生のお付き合いをして下さい。
本当に造りたい方の家だけを造っていきます宣言!!

よくある質問

Q. どんな家でも建ててもらえるのでしょうか?

IMG_7692.jpg基本的には木造のお宅だけです。
その他、木造のお宅に関するリフォーム、古民家の移築再生等
木に関することならお問い合わせください。

つまり、出来ることしかやりませんし、やれません。

だから年2棟なのです。

我々が年間ベースで建てられるのは1~2棟が限度です。

この先大工として棟梁として、家造りに関われるのはせいぜい何十棟あるかないかでしょう。

お互いの意志を汲み取りよい関係が保てるようなお施主様としか、本物の木の家は造れないと思っています。
ですから工期はかかります。
ハウスメーカーが作るモノとは違います。

私どもの家作りに関する理念をご理解していただけない
お客様には致し方なくお断りする場合もございます。

逆に予算が少なくても、その想いが共有できるようなお施主様と仕事がしていきたい。

そう思っております。

Q. 設計は誰がやるのですか?

建築家に設計を依頼します。

基本的に建築家が設計したお宅を建てます。

  • 木をふんだんに使えばいい家が出来るのか?
  • お金をいっぱい出せばいい家が出来るのか?

そうではありません。

建築家まかせ、工事施工者まかせではいい家は出来ません。

  • 設計のプロである建築家(アーキテクト)
  • 造り手のプロである棟梁(マスタービルダー)
  • 住まいのプロであるお客様(クライアント)

の3者が汗をかいて持てる知恵ををぶつけ合ってこそ、いい家が出来ます。

Q. 全国何処にでも建ててもらえるのですか?

基本的には山形を中心とした地域になります。

木組みの家において重要なのは
構造体の組み方、木組みにあります。

つまり、構造体の木組みのみの加工は我々の作業場で出来ますので、
建前が終わった後の内部造作は地元の工務店なり、大工さんにお願いするといったような、いわゆるリレー方式で全国のお客様に対応させていただく事も可能です。

ますはどんな小さなことでもご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

本社. 〒990-2403
山形県山形市大字岩波41-10
電話. ☎023-625-8135