いいモノ[5]
しごと[11]
ぼくらの木のきちプロジェクト[1]
みはらしの丘の家[7]
ゆたくらがっこう  豊暮楽幸[0]
イベント情報!![8]
中山の家(仮)[4]
古民家ライフの家づくり[5]
古民家ライフ的農業のススメ[5]
小姓町の家[1]
小鳩山の古民家[4]
岩波の家[18]
嶋の家[9]
心縁寺[1]
思ふ事[10]
惣菜屋 彩美[1]
料理[4]
日々の出来事[31]
日記[46]
映画[1]
暮らしの道具と糀カフェ 晴間[0]
月山の家[2]
[2]
素材[3]
若葉町の家[1]
茅葺き[2]
[0]


2013/10/21
蔵・再生プロジェクト 【月山の家】 上棟
2013/10/20
蔵・再生プロジェクト 【月山の家】

月山の家アーカイブ


蔵・再生プロジェクト 【月山の家】 上棟

10月19日、無事に上棟式が行われました。

まずはホッとしました。

古民家を移築する場合、あらゆる懸念事項を一つ一つ丁寧に考えて塗りつぶさなくてはいけません。

 

材料の組方、現場の状況、協力パートナーでもある

高棟建設工業さんと何度も何度も打ち合わせを重ねました。

 

今回土台は古いモノをそのまま活用する事になりました。

土台、柱は全て栗材。

P1090783.JPG土の中に隠れていた土台はそのまま使えるほどきれいで、しっかりした材料でした。

100年以上前の製材技術の素晴らしさ。

(解体前の写真)

 

 

 

 

 

基準線を出すのがとても難しかった。

無事に収まりました。

P1100020.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建て方が始まりました。

P1100021.JPG土地の関係から材料は一旦仮置き場においてそこから数回に分けて運びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ一番のメインイベント棟木を上げる作業に入ります。

総重量900キロはあろうかという松の棟木ですが、

現場に合わせて2つに分けて運んできました。

P1100026.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この瞬間が一番緊張した瞬間でもあり、一番ホッとした瞬間でもありました。

P1100031.JPGのサムネイル画像

無事に棟木が上がった瞬間。

 

 

 

 

 

 

 

 

垂木は全てエンジュという木でできています。

エンジュというと普通のお宅だと床の間の柱に使われるというとても貴重な材木です。

それが全てエンジュなのですから、建設当時どれだけお金がかかっているのでしょうか。

P1100039.JPG

骨組みが見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に幣串(へいぐし)が棟木におさまり、心温まる上棟式が行われました。

 

P1100034.JPG

長かったような短かったような不思議な気分です。

 

古民家が移築され、そこに笑顔が出来た。

 

古民家ライフのHPが出来たのは平成18年。

あれからただ単純に7年も過ぎていたのですね。

 

また一つ形になった。

 

古民家ライフのHPから嫁ぎ先が決まった古民家はこれで3軒目となりました。

 

それは他の方から見れば非常にのんびりした歩みかも知れません。

でも一石を投じるつもりで作ったHPからこうして決まって行くというのは本当に嬉しい限りです。

 

そしてその波紋はこれから少しずつ大きくなっていく・・・そんな予感がしてなりません。

 

お客様の御希望に沿えるように日々精進です。

 

この度はK様本当におめでとうございました。

そして今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

古民家の移築・再生 木組みの家 は古民家ライフへ御相談下さい!

kominkalife (2013年10月21日 22:38)


蔵・再生プロジェクト 【月山の家】

古民家ライフのHPに掲載されていた西川の座敷蔵。

P1050272.JPG

ついに移築の運びとなりました。

移築先は神奈川県鎌倉市。

 

持ち主の方から御依頼を受けHPに掲載しお問合わせがあるたびに何度も足を運びました。

御縁があるまでに数年を要しました。

 

 

 

お施主様は一目見て気に入って下さいました。

神奈川の移築先は弊社の協力パートナーでもある㈱高棟建設工業さんの施工範囲でもあり、

スーっと物事が動き始めました。

 

移築をする場合、協力パートナーとリレー方式で工事を行います。

こちらで解体作業を行い、補修をし建て方までを古民家ライフで受け持ちます。

その後の工事を提携パートナーに引き継ぐといったものです。

9月始め解体工事が執り行われました。

P1090785.JPG

貫の通った蔵の構造体は何とも言えない美しさでした。

それは剛でも柔でもあり、素朴でもあり豪華でもありました。

 

 

 

 

 

 

この構造体を解体し、補修し神奈川に運びました。

P1090853.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭にも申し上げましたが、ここまで来るのに数年かかっております。

それでも解体を免れた古民家が1軒増えた・・・

たったその一つの事実が嬉しいのです。

 

プロジェクト名は

蔵・再生プロジェクト【月山の家】と決まりました!!

 

建て方の作業風景は次回の記事で。 

 

 

 

kominkalife (2013年10月20日 22:44)

本社. 〒990-2403
山形県山形市大字岩波41-10
電話. ☎023-625-8135